カトリック教会の祈りとしらべ

Madonna del Granduca. c.1505. / Raphael



公教会祈祷文 1948年出版

カトリック聖歌集 (1966年発行)

聖歌の MIDI ファイルを MP3 形式に保存しなおして、ファイルを入れ替えている最中です。現在、MIDI で掲載されている聖歌と、MP3 への入れ替えが終わっている聖歌、両方が混在しています。更新はこちらでお知らせしています。


奉 納 2 みもたまも 身もたまも 主にささげ みこころに 委ねまつらん
主への賛美 12 われ神をほめ (テ・デウム)われ神をほめ 主とぞ称えます
主への賛美 13 主こそわがほまれ 主こそわがほまれ かがやく光よ こよなき
勤行をおえて 22 まつりはおわりぬ 祭りはおわりぬ 神よ祝しませ 家路につく身を
奉 納 64 きよくとうとき きよくとうとき みいけにえを ささぐる
待降節 101 とくわきながれよ とくわきながれよ 喜びのいずみ 来たりうるおせよ
待降節 102 やみじになやめる やみ路になやめる エワの子われらは すくいのみ光
待降節 103 あわれみの神(A) あわれみの神 とく来たりたまえ われらはみな
待降節 104 さいわいもとめて 幸いもとめて さまよう者に み恵みの露を
待降節 105 来ませ救い主 来ませ救い主 憐れみたまいて 罪とがに沈む 
聖 誕 111 しずけき 静けき真夜中 貧しうまや 神のひとり子は 
聖 誕 112 いざうたえ いざ歌え 声高く 造りぬしをたたえて いざ祝え
聖 誕 113 きたれ友よ (アデステ)来たれ友よ すべての友 喜びつどえ
聖 誕 114 すくいのみ子 救いのみ子は くだりませり いざもろ共に
聖 誕 115 まきばのよわの 牧場の夜半の 星明り 眠りもふかき
聖 誕 116 いざこらよ いざ子らよ急ぎ来たれ われらに不思議起れり
聖 誕 117 神のひとり子 神のひとり子は 降りたまい 我らとともに
聖 誕 118 ものみなねむる ものみな眠る しずかな夜 神の愛し子は
聖 誕 119 見よひつじかいら 見よ羊かいら 何をか恐るる 来たりて仰げよ
聖 誕 120 ほしひとつのぼりて 星ひとつのぼりて 喜び告げたり 日も月もおよばぬ
聖 誕 121 あめのみつかいの 天のみつかい うた声ひびく 星かげさやかな
聖 誕 122 地にも空にも 地にも空にも 鐘鳴りわたる すべての人よ
聖 誕 123 ねむれよいとしご 眠れよ 愛し子 み空の吾子 み使い注ぐよ
聖 誕 124 夕やみせまる 夕やみせまる ダヴィドの村 なれぬ旅路に
聖 誕 125 眠れよ あこ! 眠れよいとし子 み空の吾子 み使いそそぐよ
聖 誕 126 み子のねむるみそば み子の眠るみそば 母は妙にうたう ヨゼフは見守り
新 年 141 初日の光 初日のひかり かがやきて こがね色なす
聖 名 146 よきみ名よ よきみ名よ とうときみ名よ 光りなる
公 現 151 苦しきやみの夜 ダヴィドのまちなる ベトレヘムさめよ
公 現 152 くしくもてらす 奇しくも照す 星ひとつ ひがしの国の
四旬節・悔悛 161 あわれみのみ心よ あわれみのみ心よ わが叫び聞きたまえ 
四旬節・悔悛 162 主のもとに 主のもとに かけよるわれを あわれみて
四旬節・悔悛 163 あわれにも あわれにも おのれ高ぶり 神をわすれ
四旬節・悔悛 164 みあるじを みあるじを 見まつるときの ちかければ
四旬節・悔悛 165 みえらびうけし み選び受けし 幸をばわすれ 罪のやみ路に
四旬節・悔悛 166 ミゼレレ (詩編50)みすくいのよろこびを われに
苦 難 171 いばらのかむり いばらのかむり おしかぶされ きびしき鞭に
苦 難 172 ゴルゴタ ゴルゴタいたまし 罪なき君は けがれし
苦 難 173 星かげくらき空 星かげくらき空 ゲッセマニの園には 
苦 難 174 カルワリオの カルワリオの園のうえ 釘打たれし救いぬし
苦 難 175 いばらの冠 いばらの冠 葦の笏 こぶしと唾の
苦 難 176 なやみとつかれに なやみと疲れに みころもあかく 血に
苦 難 177 おん身はむごき (七つのお言葉)おんみはむごき 十字架のうえ
苦 難 178 十字架にないて 十字架担いて カルワリオに あえぎあえぎ
苦 難 179 父よゆるしませ (七つのみ言葉)父よゆるしませ かれらの罪をと
苦難への感謝 180 とうときわが主 尊きわが主 耐えし苦しみ ま心をこめて
十字架 186 こよなくうれしや こよなく嬉しや きみが十字架を 進みて
十字架 187 ほめよたたえよ ほめよたたえよ すえすえまでも とうとき
十字架 188 くるしみなやみの 苦しみなやみの 友なる十字架 わが世の
悲しみの聖母 191 神のひとりご (スタバト・マーテル)神のひとりご いとしきみ子の
悲しみの聖母 192 われらのけがれの (七つの悲しみ)われらの汚れの あがないのため
悲しみの聖母 193 かぎりなき 限りなき いつくしみもて 日も夜も
枝の主日 196 しゅろの葉を 棕梠の葉を手に持って 救いの主を迎えよ
復 活 201 よろこびうたえ よろこびうたえ 主は死にかちて 今日ぞ
復 活 202 ま白きよそおい ま白きよそおい 心すがしく 棕梠の葉
復 活 203 いざよろこべ いざいざ喜べ わが救い主は 死の
復 活 204 よろこべ今日ぞ 喜べ今日ぞ わが君は死に勝ち給えり
復 活 205 わが君イエズス わがきみイエズス みさかえの主こそ 罪と
復 活 206 よろこびたたえよ 喜びたたえよ わが救いぬしは 約束の
復 活 207 さかえのみ神を さかえのみ神を うたえアレルヤ 打ち勝ち
喜びの聖母 211 み母マリアさま みははマリアさま アレルヤ み子イエズス
喜びの聖母 212 母なるマリア ははなるマリア よろこびたまえ アレルヤ
昇 天 216 オリベト山より オリベト山より み国にのぼりて 父なる
昇 天 217 すみわたる すみわたる み空のかなた のぼり行く
聖 霊 221 天よりたまわる 天よりたまわる なぐさめのみ霊 汚れし
聖 霊 222 風の音して 風の音して 聖霊の火は み弟子の心
聖 霊 223 みたまよ来たりて み霊よ来たりて み恵みのあめに 乾ける
聖 霊 224 みたまよきませ みたまよ来ませ 輝きませ 真理の光 
聖 霊 225 せいれいくだりませ 聖霊くだりませ 心に満ちたまえ この身を
聖 霊 226 きたりませ 来たりませ 聖なるみ霊 照らしませ
聖 霊 227 みそらはるか み空はるか み国をさして 心おどり勇み立つ
聖 霊 231 父なるみ神 父なるみ神よ めぐみを賜えよ 愛しきみ子は
聖 霊 232 三つにて一つ 三つにて一つ くすしき神 教えのままに
聖 体 241 せいなるみからだ 聖なるみからだ 聖なる血しお
聖 体 242 みつかいのパン (オ・エスカ)みつかいのパン 旅路のかて
聖 体 243 すべてのくにたみよ (ラウダ・シオン)すべての国たみよ うたえ高らかに
聖 体 244 とうときみまえに とうとき みまえに伏し つつしみ
聖 体 245 とうときみどうに とうとき聖堂に 主はおわして
聖 体 246 ひせきにこもりて 秘跡にこもりて われらのうちに
聖 体 247 目にこそ 目にこそ かくれ見えねど 神こここに
聖 体 248 いのちのかて いのちの糧にと 主の与え給う
聖 体 249 秘跡にこもれる 秘跡にこもれる 救いの君は
聖 体 250 のこしたまいたる 残したまいたる とうとき形見
聖 体 251 よろこびたたえよ よろこび称えよ 秘跡にこもりて
聖 体 252 ああ主イエズスよ ああ主イエズスよ われを愛して
聖 体 253 目に見えねど 目に見えねども みあるじは 秘跡の
聖 体 254 聖なるかなご聖体 (聖体拝領前)聖なるかなご聖体 敬い愛し
聖 体 255 いときよき いときよき秘跡 至聖なるかて
聖 心 261 愛のいけにえ 愛のいけにえの 主のみ心こそ
聖 心 262 きよけき主の愛 きよけき主の愛 我らのこころに
聖 心 263 主のみ心を 主のみ心を 称えまつらん 尽きぬ
聖 心 264 しらべもたえに(一) しらべも妙に 主の聖心を ほめたたえよ
聖 心 265 しらべもたえに(ニ) しらべも妙に 主の聖心を ほめたたえよ
聖 心 266 なやみつつ なやみつつ辿り行くは ひとの世のつね
聖 心 267 もろびとこぞりて もろ人こぞりて たたえに称えよ 愛の火ぞ
聖 心 268 あおげわが神の あおげわが神の 聖きみ心よ 我を
聖 心 269 いとふかき いとふかき 愛のみこころ 目に見えず
聖 心 270 あわれみのみ心 あわれみのみ心 われらの願い 
聖 心 271 よろずの国 よろずの国の 君たる主イエズス
王たるキリスト 281 あめつちをつくり あめつちを造り しろしめす神
善き牧者キリスト 282 まよえる小羊 迷えるひつじ さがしたもう 主こそ真の
善き牧者キリスト 283 おおよき飼い主 おおよき飼い主 守りたまえ やみにまよえる
ぶどうの木 284 くしきぶどうの木 奇しき葡萄の木よ わが主イエズス
キリストへの愛 285 ふかき主の愛 ふかき主の愛 わがために みいのち
キリストへの愛 286 聖なるみひかり 聖なるみひかり わが心のうちにさし
キリストへの愛 287 みこころに みこころに つよめられ みからだに
キリストへの賛美 288 うるわしき うるわしき 主のみこころ 花さく丘に
聖家族 291 かなしみうれい 悲しみ憂いに イエズス マリア ヨゼフ
聖家族 292 ああイエズス ああイエズス マリア ヨゼフ われに
聖 母 301 きよけし きよけし とうとうし おとめマリア
聖 母 302 あまつみはは あまつみはは 聖マリア まごころもて
聖 母 303 めでたしマリアよ 慶たしマリアよ 主の母 神のおんめぐみ
聖 母 304 うるわしくも うるわしくも 咲きいでにし 奇しき薔薇の
聖 母 305 みははマリア み母マリア 身も心も とこしなえに
聖 母 306 きよらけく 清らけく咲く 百合の花よ いと芳しき
聖 母 307 われらの母なる われらの母なる めぐみのマリア みもとに
聖 母 308 ささぐるうたごえ ささぐる歌声は まずしくとも こころは
聖 母 309 うるわしきみはは うるわしきみ母 きよき処女よ 弱き
聖 母 310 めでたし主の母 めでたし主の母 奇しきばらよ 妙なる
聖 母 311 かのおかこえ かの丘こえ この川こえ お告げの鐘 
聖 母 312 うつしよにも うつし世にも よろこびあり み母共に
聖 母 313 マリアよ マリアよ 床しき神のみははよ 恵みの
聖 母 314 あめなるきさきの あめなる きさきの み母マリア慕わし
聖 母 315 あわれみの あわれみのみ母よ みもとにつどい
聖 母 316 愛のみはは 愛のみははよ わが喜びよ 身をも魂をも
聖 母 317 いざほめうたわん いざほめ歌わん みははマリア いとも
聖ベルナルドの祈り 321 めぐみのみははよ めぐみのみ母よ みまえに伏して
ルルドの聖母 322 あめのきさき 天のきさき 天の門 うみの星と 輝きます
無原罪の聖母 331 つみのけがれなく 罪のけがれなく 生れしマリアよ みいつ
無原罪の聖母 332 けがれなく 汚れなく生れし恵 めでたかり きよし
お告げ 333 主のつかい 主のつかい 降り来て 救いぬしの 母となる
天使祝詞 334 きよきおとめとて きよき処女とて おみなの中より えらばれ
天使祝詞 335 アヴェ・マリア アヴェ・マリア み恵み満てる 主ともにます
マニフィカット 336 主われになせり 主われになせり 妙なるみわざ 聖なる
アヴェ・マリス・ステルラ 337 めでたきかな めでたきかな かみのはは かがやき給え
海の星 338 そらのかなた そらのかなた きらめきて ふな路しめす
海の星 339 ああなつかしき ああ懐かしき みははマリア うみのほしと
海の星 340 そらのかなた そらのかなた きよらかに ふな路示す
暁の星 341 なつかしの母よ なつかしの母よ やさしく笑みて いまは
暁の星 342 あかつきの星よ あかつきの星よ わが道しるべよ み空に
暁の星 343 あかつきのほし あかつきの星 かがやき給い 暗きあたりも
聖母月 351 さつきのきさきを 五月のきさきを あめつち歌う ひと年
聖母月 352 あおばわかばに あお葉わか葉に 風かおりて せせらぎに
聖母月 353 うるわしき うるわしき 百合をみ母に なぞらえて
聖母月 354 たのしくも たのしくも まつる五月の ほぎうたよ
聖母被昇天 361 みつかい みつかい あまつみ空に つどいて
聖母のみ心 366 うるわしマリアの うるわし マリアの みこころ
聖母のみ名 367 いともとうとき いともとうとき マリアのみ名 天にも
聖母のみ名 368 わが母の わがははの み名懐かしみ 呼びまつる
ロザリオ第一環 371 みつかいの み使いの告げ給えば 謙りたもうマリア
ロザリオ第二環 372 見よやゲッセマニの 見よやゲッセマニの園 み子は血の汗流し
ロザリオ第三環 373 みさかえの み栄えのわが神よ み救いのみ業遂げ
ロザリオの珠 374 野ばらのにおう 野ばらの匂う ルルドの岩屋 ファティマの
聖母 376 (連祷:MIDIなし) (リタニエ)(聖マリアの連祷をごらんください。)
大天使聖ミカエル 381 みつかいの みつかいの長と 選まれたまえば
守護の天使 382 あまつみつかい 天つみつかい 守らせたまえ 父なるみ神の
守護の天使 383 ゆくては ゆく手は小暗く ちからも弱けれ
聖ヨゼフ 391 聖なるかぞくの 聖なる家族の 守り手ヨゼフ 幼きイエズスは
聖ヨゼフ 392 ダヴィドのすえなる ダヴィドの末なる 聖きヨゼフ 聖なる
聖ヨゼフ 393 み神はみずからの み神はみずからの みまもりに代えて
聖ヨゼフ 394 みえらびうけし み選び受けし 清けきしもべ 尊きみ子と
聖ペトロ 401 くすしくも くすしくも 主に選まれし 聖ペトロ
日本聖殉教者 406 みおしえまもりて み教えまもりて おおしきかな いのちを
日本聖殉教者 407 おおしくも 雄々しくも いさぎよき強者は 主のため
日本聖殉教者 408 いさぎよき いさぎよき やまと島根の ひじりらは
聖フランシスコ・ザベリオ 411 波風さかまく 波風さかまく 海路を越えて み旨の
聖フランシスコ・ザベリオ 412 我が日のもとに 我が日の本に はるばる来て 世の迫害を
聖フランシスコ・ザベリオ 413 神のしもべ 神のしもべ 聖フランシスコ やまとには
アシジの聖フランシスコ 414 まずしきをもとめて 貧しさきを求めて 主のあと慕い 雄々しくも
聖アロイジオ 415 わかきものの わかき者の はげましなる 聖アロイジオ
聖ヴィンセンシオ 416 貧しきひとびと 貧しき人々 めぐみ助けて やさしき
聖セシリア 421 まばゆきかむり まばゆきかむり 受けたまいて 清き
幼きイエズスの聖テレジア 422 ゆうべの星かげ 星かげまたたく 夕べの空に ほほえみ
諸聖人 431 世のいくさ 世のくさに勝ちし 主のよきつわもの
諸聖人 432 われらたたえん われら賛えん 天つみ国の いさおし高き
死者(男性) 441 デ・プロフンディス 詩篇129 われ主によりたのむ
死者(女性) 441 デ・プロフンディス 詩篇129 われ主によりたのむ
死 者 442 やさしきみ母 やさしきみ母よ 今見そなわし み国に
死 者 443 いにけるそのたま 往にけるその霊 今よいずこぞ
死 者 444 おわりのやすみ 終りのやすみの 夜の来たりなば
死 者 445 世を去る友 世を去る友をば かえりみたまえ 死こそは
死者(小児) 451 清き白百合 清き白百合と 匂いし幼児 今ぞその
司 祭 461 この世の宝も この世の宝も ほまれも空し ひたすら
召 命 462 主よつかわしませ 主よ遣わしませ 地の果てまで
叙 階 463 いまぞよろこべ 今ぞよろこべ あたらしき 主の働き手
叙 階 464 いまぞよろこべ 今ぞよろこべ あたらしき 主の働き手
結 婚 471 みせつりの み摂理の くしき導き めでたかり
小 児 481 おめめつむれば おめめつむれば マリアさまの おひざに
小 児 482 わたしのむね わたしのむねに きて頂戴な
小児の歌 483 天の神さま 天のかみさま イエズスさま わたし達は
小児(聖母) 484 マリアさま マリアさま お手々あわせて いつの日も
小児
(聖母月)
485 五月はマリア
さまの月
五月はマリアさまの月 一もとかおる
小児
(神の子の歌)
486 せいぼマリアの 聖母マリアの みむねには お花が一ぱい
ファティマの聖母 622 ああうるわし ああうるわし 若葉ゆれて 光りの君
聖 母 623 なつかしみ母 なつかしみ母 いのりたまえ 荒波わたりて
(讃美歌) 652 あめにはさかえ あめには栄え み神にあれや
(讃美歌) 653 まきびと 牧人いつじを 守れるその宵
(讃美歌) 654 もろびとこぞりて 諸人こぞりて むかえまつれ
(讃美歌) 655 ああベトレヘムよ ああベトレヘムよ などかひとり
(讃美歌) 657 いつくしみふかき いつくしみ深き 友なるイエスは
(讃美歌) 658 主よみもとに 主よ みもとに近づかん のぼるみちは
(讃美歌) 659 かいぬしわが主よ かいぬしわが主よ まよう我らを
 

典礼聖歌 MIDI アレルヤ唱をそろえたくて作り始めましたが、都合により半年で中断してしまいました。当時はブログで案内していましたが、将来に備えて作りかけていた一覧表が出てきたので出してみます。(期間限定)
公教聖歌集 HPリニューアル作業のため休止中。
連絡先 メールフォーム。